忍者ブログ

此処は、人の道の迷子になってしまった『月の雫』が蹲っている場所です。 『月の雫』の心の葛藤の物語と詩を、絵と写真を添えて綴っています。

   
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

背徳




彼:今、子供部屋でS君と息子がゲームしてる。
 
彼女:ママの友人の息子さんね。

彼:そうそう

彼女:うん、高速乗る前にRに来た。チャーハンと餃子。

彼:これ聴いてね。

彼女:うん、店出てから聴くね〜

彼:うん。

彼女:暑くて上着脱いだら、NのピンクTシャツではずかしー(笑)

彼:(笑)

彼女:暑いのに重ね着してるし、食べてるし〜

彼:うん。

彼女:でた???円(笑)

彼:酔った。

彼女:そっか。(チュッ)家だよ

彼:おかえり~!!(チュッ)

彼女:たーだーいーまー(チュッ)ぎゅうううー

彼:ご飯だ。

彼女:高速ではゥーっと再生リスト聞いてきたよ。

彼:うん。

彼女:Facebookのカバーあの写真にしたのね。 今日撮った?

彼:ううん、だいぶ前だよ。ブログかなんかに載せたような。

彼女:そっか。あー思い出した。

彼:かなぁ。

彼女:うん。デストーション買った時。

彼:そうか、さすが私のことは私より詳しい(笑)

彼女:キャははー(笑)
 だってこの時わたしがジュニアのこと書いたら
「こっちも」っていってかいたんだ。
今思い出したよ(^^)

彼:そっか~記憶力いいね~若い!

彼女:(笑)最初忘れてたけど
ちょっとのことで次から次へと。うそ。たまたまよう。

彼:スイッチ入ったんだ。

彼女:うん、じわーっとね(^^)

彼:そっか。

彼女:うん。でもまだまだ全快じゃないね。(笑)

彼:そっか~変な歌つくっちゃったね。

彼女:ショックて言うよりやる気ないっていうのが正解(笑)

彼:なんとなくわかるかな。

彼女:うん。あった最初より動き激しくなってきてるし(笑)

彼:うん。いつもいるからね^^

彼女:うん。心強いの(^^)

彼:うん。私もだよ^^

彼女:うん。

彼:うん、またあとで。





私の知らない、彼の世界…













 読んで頂きありがとうございます。
お手数ですが下のバナーをクリックして頂けたら光栄です。

 人気ブログランキングへ  

    ブログランキング・にほんブログ村へ


拍手[0回]

PR
暗黙の交換条件





最初は
大抵こう言う

君が望むなら…
君のためなら…って
 
 

時が経つと
いつしか

僕のために…
 

無償の愛が見返りを求め始める

あなたもやっぱり同じ
暗黙の交換条件が私から言葉を奪う
 
 
 
 
 
あなたの言葉の先…
いつもの「愛してる」

愛の重さが
少しずつ減って薄っぺらくなる

軽く吐き出される言葉に
思い遣りが薄っぺらくなる


無償はいつしか有償を求めてるくせに
あなたは(男は)決してそれを言葉にしない

思い過ごしじゃなくて
私の本能が感じてる
 
 

あなたの愛が飛んで行かないように
必死にしがみつく
引き千切られそうな心を繋ぐ


今のあなたには
私の心は見えないの?

こんなにも苦しいのに
どうして気づいてくれないの?


君のためなら…なんて

あなたも
やっぱり




うそつき







 
 
 
TITLE:交換条件







読んで頂きありがとうございます。
お手数ですが下のバナーをクリックして頂けたら光栄です。

 人気ブログランキングへ  

    ブログランキング・にほんブログ村へ

拍手[0回]

今年もこの拙いブログにご訪問頂き、
心から感謝致します。

ありがとうございました。

来たる2015年が、皆様にとって、
素晴らしい年となりますことを、
心からお祈り致します。


どうぞよいお年を。









TITLE:雨が上がる



読んで頂きありがとうございます。
お手数ですが下のバナーをクリックして頂けたら光栄です。

 人気ブログランキングへ  

    ブログランキング・にほんブログ村へ







拍手[0回]


思ったことがスムーズに進まない
やりたいことが阻まれる


あなた、
あの時は心が通じていると思ったのに
今はとても遠く思えて…


私、思ったの
あなたとの関係…
ちょくちょく原っぱの真ん中に、
「ちょっとまってて」って置いて行かれる…
本当そんな感じだなあ、って


時々、
「ちょっと待ってて」も言わずに、
あなたはいなくなる

仕方ないから私は、
そこで草を毟ったり土を掘ったり…
そのうち自分が、
掘った穴に嵌っちゃうんだ

鈍感なあなたは、
「じゃあ、出るまで待ってる」って言う
あなたは手にいっぱい何かを持ってて、
それを置いて私に手を延ばす、
という方法がわからないんだよね
 


仕方ないから私は、
周りを削って自分の足場を作って、
やっとこさ穴から出てくると、
あなたは言う 
 


「やっと指が動くようになったよ」
(でも手は空いてない)
「きみ、今までどこへ行ってたのさ
ひとりぼっちは辛いんだから」って
まるで母親を待ちくたびれた子供みたいに
 
 
私は何もなかったように膝の土を払って、
「ごめんね」って並んで歩くんだよ
 
私も荷物いっぱい持ってるから、
手は繋げない
 
並んで歩くしか なくて…
手を繋いだり、
肩を寄せたり、
寄り添いあったり…
そんな選択肢はない
どちらも止まらずに、
『並んで歩ける』ことが今はベストで…
「人生そんなもんじゃないかなぁ」
あなたは言ったけど、
そんな言葉で片付けて欲しくない
 
そんな世界を歩くのはツライよ
無性にあなたを繋いでおきたくなるもん



 




(写真はありません)
TITLE:パラレル



読んで頂きありがとうございます。
お手数ですが下のバナーをクリックして頂けたら光栄です。

 人気ブログランキングへ  

    ブログランキング・にほんブログ村へ

拍手[0回]


産んでくれてありがとう

時々何処かの誰かが言う
違和感を感じながら
意思のない耳が音をひろう


心の棘が苦笑いする
一体どんな状況になれば
そう思えるのだろう



生まれたかったと思ったことがない
生まれた私


生まれて来てよかったと思ったことがない
生まれた私



一体どんな状況になれば
産んでくれてありがとうと思えるのだろう


遠いかもしれない未来で
愛に疑問を持たぬ誰かが
私の死骸を清掃してくれた時…


そっと
けれども強く
失った心臓の前で手を合わせよう






TITLE:感謝のヒトヒラ



読んで頂きありがとうございます。
お手数ですが下のバナーをクリックして頂けたら光栄です。

 人気ブログランキングへ  

    ブログランキング・にほんブログ村へ

拍手[1回]

零れ落ちる前に




愛おしい…
愛とは違う

失いたくない…
愛とは違う

愛がわからない
「愛してる」と言えない


あなたの無償の愛に甘える
疼く背信に気付かぬフリをして

愛してないわけではない
きっと…

なのに
「愛してる」と言えない

矛盾だらけの自分から
ある日突然零れ落ちる
大切なモノ…

あなたを失う不安…

笑顔を繕って
嘘でも
「愛してる」と言えたなら

あなたは
迷わずに私を抱き締めるだろうに






TITLE:零れ落ちる前に



読んで頂きありがとうございます。
お手数ですが下のバナーをクリックして頂けたら光栄です。

 人気ブログランキングへ  

    ブログランキング・にほんブログ村へ

拍手[0回]

優先順位




キミの優先順位を訊く

週末の48時間


あれをするだろう
それをするだろう
それは日課なのかな
そのことは必要だよね

寛大にキミの行動を受け止めて

私のことは3番目?
私の望みは4番目かな?



そんな希望と
小さな期待を抱いてた



突き付けられた現実は…

キミの48時間に
私はいない

選択肢にさえなかったってこと



ささやかな希望も小さな期待も
一瞬に消えた

あたしのココロ…
カラッポになっちゃった









TITLE:カラッポ



読んで頂きありがとうございます。
お手数ですが下のバナーをクリックして頂けたら光栄です。

 人気ブログランキングへ  

    ブログランキング・にほんブログ村へ

拍手[0回]

緩い絞首刑



引き留めずにいたら
みんな逃げてしまった

才能のないことばなんてそんなもの

ほんの少し書き留めておけば…
いつだってそんな後悔を繰り返して
何度だって同じことを繰り返して

結局戻って来やしない
とっくに消滅しているに違いない

才能の差って
そういうところ


枯れることなく湧き出す泉
そんなものは持ち合わせていない
一方通行の夜と朝を通り抜けながら
いつ干上がるか怯えている


愉しみや生き甲斐?
そんなものあったっけ?
脅迫じみた惰性に取り憑かれているだけ

長い間…
長い間…
それを私らしさだと洗脳しながら
そこに居心地を作って…


結局…
自分で自分の首を絞めている
緩い絞首刑






(写真はありません)
TITLE:

読んで頂きありがとうございます。
お手数ですが下のバナーをクリックして頂けたら光栄です。

 人気ブログランキングへ  

    ブログランキング・にほんブログ村へ

拍手[0回]

滑り台の先



一段ずつ上った
やっと深呼吸できると思った

上を向いた心に
落下した憂鬱の種

溜息の根を張り
やっと浸み出した生気を奪う


死にたがりの私
いつだって役立たずの骸
滑り降りた先は


仮死状態…






TITLE:進む先には…


読んで頂きありがとうございます。
お手数ですが下のバナーをクリックして頂けたら光栄です。

 人気ブログランキングへ  

    ブログランキング・にほんブログ村へ

拍手[4回]

価値観



価値観の違う人間と
同じ空間で呼吸することが
こんなに苦痛だなんて


何に惹かれあっていたんだろう
何かを求め
何かを与え
それはナケナシの身を削り
寂しさ埋めあっていただけで


私にとって
穏やかな空気のように
存在していたはずのあなたは

今は私の
呼吸さえ奪う存在に変わり
私から幸福を奪う


初めから価値観が違ってた

流されるように辿り着いた場所は
二人の楽園でも愛の巣でもなくて

寂しさから逃れるための
ただの吹き溜まり








 TITLE:静寂な音


読んで頂きありがとうございます。
お手数ですが下のバナーをクリックして頂けたら光栄です。

 人気ブログランキングへ  

    
ブログランキング・にほんブログ村へ

拍手[1回]

溺れる



ツライと言わないで…

クルシイと言わないで…


今の私は
自分のことでイッパイで

零れるあなたの弱さを
受け止めてあげられない


自分でできることは
自分でしてほしい


でなきゃ
私が溺れてしまうよ



あなたが思うほど
私は強くないよ
 
 
 
 
 
 
 

 




TITLE:沈むキミ






読んで頂きありがとうございます。
お手数ですが下のバナーをクリックして頂けたら光栄です。

 人気ブログランキングへ  

    
ブログランキング・にほんブログ村へ

拍手[1回]

私は子供が嫌いだと言ったはず

仕事の情報かと思うから
忙しさの中で時間を探して
メールに添付されたurlを見る

時々紛れ込んでいる
タイトルも説明もないurl…

重要な情報かと開く



滞りなく静かに時を刻んでいた1日が
不愉快に曇る



あなたの子供の動画など見たくない
あなたの家族の写真など見たくない


私が観てほしくて送る
私の好きな音楽動画さえ
子供のようなつまらない嫉妬で
観ようとしないくせに…



あなたが無頓着に貼り付けるurlが
私を苦しくさせること
あなたはどうして気づかないの?



私の気持ちは一方通行…






読んで頂きありがとうございます。

お手数ですが下のバナーをクリックして頂けたら光栄です。

 人気ブログランキングへ  

    
ブログランキング・にほんブログ村へ

拍手[1回]

その表札がやたら目につく

その扉をノックする理由など
持ち合わせてはいないはずなのに

時々間が差して
扉を開けてしまう

そしていちいち後悔する
開けなければよかった…と


私は
いつまでも傷を売り物にして
人間臭を振りまいているあなたが

大っ嫌いだ


過去にしがみついている
あなたが

大っ嫌いだ


あなたは
私が心の奥にしまい込んだ
苛立ちの剣を抜かせる



いっそその扉ごと
目の前から消えてくれたら
どんなにかせいせいするのに…
 
 
 
 
 




TITLE:落ちた赤
    






読んで頂きありがとうございます。
お手数ですが下のバナーをクリックして頂けたら光栄です。

 人気ブログランキングへ  

    
ブログランキング・にほんブログ村へ

拍手[0回]

葬送





小さな身体に似つかわしくなく
不自然に痙攣すると
キミの身体は沈黙した

キミの身体に耳を当てた
鼓動が弱々しく遠ざかって行った


剥製のように硬直した
キミの身体は冷たかった


白い毛は
滑らかな手触りで
とても柔らかく艶やかだった


二日後
小さなホールで
キミを花で包み見送った


キミの白く儚い
小さな骨を抱いて
家路を走り出した時…

雨が激しく降り出した


桜を散らす雨
キミの涙雨…

雲間から差し込む明るい光
風に舞い上がる花びら

強い風が
キミを天に連れて行った



キミの居た時間
ボクはゆっくりと思い出しながら
一粒ずつ涙に詰め込んだ
 
 
 
 
 

 


 

TITLE:遺影






読んで頂きありがとうございます。
お手数ですが下のバナーをクリックして頂けたら光栄です。

 人気ブログランキングへ  

    
ブログランキング・にほんブログ村へ

拍手[1回]

2014.03.17


溜息ばかりが出る

私は何かに取り憑かれてしまった

意味も無く

泣きたくなるよ


どうすればいいか

答えが見つからない

溜息病です




読んで頂きありがとうございます。
お手数ですが下のバナーをクリックして頂けたら光栄です。

 人気ブログランキングへ  

    
ブログランキング・にほんブログ村へ

拍手[0回]

赤い虫





脳が働かない
いや、働かない訳ではない

雑多な日常に呑み込まれているように
時間ばかりが過ぎて
頭がパンクしそうなほど
どうでもいいことばかりが
思考回路を埋め尽くしている

夜中に近づくにつれ
今日もただ過ぎて行くような
無気力感ばかりが私の中で足掻くのだ

キレイゴトばかり並べている
赤い血に囚われた煩わしいあなた

あなたが吐く赤い毒に
弱い虫が集まって傷を舐め合っている

洗脳され中毒化した優しさに漂い
虫たちは赤から逃れられず
終いにはもがく

それは優しさではない
目も赤く潰れたか

反吐が出そう

垂れ流されたままの偽善に
脳が拒否反応を示しているのだ
 
 




 

 



TITLE:ただ…赤

 





読んで頂きありがとうございます。
お手数ですが下のバナーをクリックして頂けたら光栄です。

 人気ブログランキングへ  

    
ブログランキング・にほんブログ村へ

拍手[1回]

葬式(4)




自分が病に苦しんでいた裏で、血縁の親族と再婚相手が、まさか自分の葬式をするしないで揉めているなど、誰が想像するだろうか。
死んだ後、愛しい再婚相手とは引き離され、再婚を反対していた兄弟姉妹の元に自分の遺骨や位牌が引き取られ置かれているなど、考える筈もない。

愛しい人に先立たれたこの再婚相手は、借金をして葬式をするべきだったのだろうか?
この場合、故人の兄弟姉妹は気が済むに違いない。
しかしこの後、借金返済の生活を送る再婚相手の姿を、故人は「そうまでして私の葬式をしてくれてありがとう。」と喜ぶのだろうか?

今回のケースに限らず、厳しい生活環境でお金を工面して葬式を行い、その後借金で更に厳しい生活を強いられる悪循環の中を生きる人たちを私は何人も知っている。

あの世に行くのに必要とされる『戒名』にしても、結局銭金次第。
商売化された死の概念に洗脳されているとしか思えない。

それほどまでに、世間一般の葬式をすることは大切なことで、しないことは非常識なことなのか?

なぜ皆、何の疑問も持たず受け入れているのだろう?

全てが、この世の、肉体を持つ人間が決めたことに過ぎないではないのか?
本人の心の扱いはどこにあるのか?

私の葬式をあげたがために、生活苦に追い込まれる者たちを私は見たくない。
そう思うことはおかしいことだろうか?

が、おそらく私の気持ちこそが理解されないもの、なのかも知れない。
少なからず生きてる間に、自分の死後の後始末への要望だけは、伝えておこうと思う。
 
 
 

 

 

 

TITLE:足掻く…

 





読んで頂きありがとうございます。
お手数ですが下のバナーをクリックして頂けたら光栄です。

 人気ブログランキングへ  

    
ブログランキング・にほんブログ村へ

 

拍手[0回]

 

葬式(3)

 


 

何もかもが容易にできるほど金銭的な余裕があるなら、送る者たち(遺族とは限らない)は気の済むようにすればいいだろう。
しかし、そうなるとそこには、送られる私の意思など何も存在しない。

そこにあるものは、故人のためという恩着せがましい大義と、送る者の自己満足ということになる。

が、『世の中』の普通をすることが一番面倒臭くないのかもしれない。

一昨日、この話の中心人物は、医者の宣告通りこの世を去った。
実の兄弟姉妹によって葬式も世間並みに行われた。

故人が生前に生活を共にしていた最愛の人は、愛しい人と引き離された。
再婚した時から入院中も、まともに顔を出さなかった兄弟姉妹にだ。

「葬式も出さないあなたに、遺骨は渡せない。」
それが理由だった。

生前愛し合って喜びに満ちた日々を送っていた二人は、葬式というセレモニーが原因で引き離された。

故人はどうあることを望んでいたのだろう?


続く…





TITLE:ふたり



読んで頂きありがとうございます。
お手数ですが下のバナーをクリックして頂けたら光栄です。

 人気ブログランキングへ  

    
ブログランキング・にほんブログ村へ




拍手[0回]

葬式(2)



私は世間一般のセレモニー化した葬式をしたいとは思わないし、そのようなもので送って欲しいとも思わない。

死んだら、私の死体の処理は必要とは思うが、それは本当に物質として、法に触れない必要最低限のことをしてくれるだけでいい。

葬式をポケットマネーで取り行えるほど、私も私の親族も裕福ではない。
おそらく世間一般の葬式をするには借金をしなければいけないだろう。

それを本人が望んでいるならまだしも、
全く望みもしないのにする必要がどこにあるのだろう?

借金をしてまでも私の葬式を出すことで、残された者が笑顔で幸せに暮らせると言うなら黙って従おう。
(死んでしまったら抵抗できないが。)
しかしそうでないなら、借金の返済に苦しむ姿など見たい筈がないに決まっている。

望まない、私の葬式の費用に出すお金があるなら、そのお金は残ったものが笑顔で希望を確信できる未来に充ててくれるのがいい。
そして生前の私の証をそこに添わせてくれるだけでいいのだ。


続く…
 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 


 TITLE:生の色

 

 

 




読んで頂きありがとうございます。
お手数ですが下のバナーをクリックして頂けたら光栄です。

 人気ブログランキングへ  

    
ブログランキング・にほんブログ村へ















拍手[0回]

葬式(1)




私の生活環境の中に、今当に、死と直面している人がいる。

私とは全く関係のない人ではあるが、私の知人の知人であることから、何かと情報が耳に入る。

昨年、余命を宣告され、その期限が今日明日に迫っている。

ところが、ある現実的な問題が持ち上がった。
その人の再婚した配偶者が、葬式をしないと言い出した。

少し複雑な関係で、ネックとなる理由は諸々あるが、一番の理由は、お金が無いということらしい。

知人は激怒した。
「どんな理由であれ、お葬式をあげないなんて考えられない。」

死期を待つその人の兄弟姉妹も激怒した。
自分たちが引き取って葬式をあげるから、今後一切関わらないでくれ、と。

一般にはそうなりうる話だろう。
人として正常に人と関わり生きて来た人は、葬式というセレモニーで送られることも送ることも、疑問の余地を持たないほど自然で当然のことなのだろう。

でも私にとって葬式は、疑問しか浮かばないセレモニーである。


続く…




TITLE:尊厳を映す



読んで頂きありがとうございます。
お手数ですが下のバナーをクリックして頂けたら光栄です。

 人気ブログランキングへ  

    
ブログランキング・にほんブログ村へ



拍手[0回]

雨が降る



雨が降る
時々心に焦げ痕ができる

雨が強く降る
ぽろぽろと炭になったところを
削ぎ落とす

修復できるかな
気弱になった部分に
闇色が沁みて…

朧に浮かぶ傷を擦り
音を立てて降りだす

指をきつく絡めて願う
この髪の先まで
どうか全部洗い流して下さいと

未練に姿を変えた燃えカスが
心のずっと奥のところから
小さく震える音になる

明日はきっと
いつもみたいに元気になってる
何もなかったように元気になってる

根拠のない呟きで
ふらつきながら旋律を引く

やがて雨垂れが
たどたどしく未来を歌い出すのを
あたしは息を殺してじっと待っている







48d56f52b0dd892ee5cf123c76b3152f.jpg
TITLE:雨が降る


読んで頂きありがとうございます。
お手数ですが下のバナーをクリックして頂けたら光栄です。

 人気ブログランキングへ  

    
ブログランキング・にほんブログ村へ



拍手[0回]


溜息の朝



何よりも一番に
私を見ていたあなたが
昨日は違うものを見つめていた
 
遠ざかる私よりも
あなたの目は
違うものを追っていた

あれほど
重ねてくれた
「愛しているよ」の言葉…

昨日は
たったひとつ…「おやすみ」

闇に冷たく沈んだ


息苦しくなった

夜の闇を飲み込んで
溢れそうな涙をこらえた


何度も溜息になって
溜息になって

あなたを思い出すと
溜息になって…


朝を迎えた





 
 
 
TITLE:滲んだ朝
 
 

読んで頂きありがとうございます。
お手数ですが下のバナーをクリックして頂けたら光栄です。

 人気ブログランキングへ  

    
ブログランキング・にほんブログ村へ



 

拍手[0回]


 形のない試練

  
   
それは試練でしょうか

精神と身体の狭間で神様に翻弄される

私という器にふたつを押し込めて
最後はあなたに捧げましょう

10年後20年後の予知詩のような
心のツブヤキがざわざわと肌を撫でる

この意味があなたに伝わるかは分からないけど


今、私のことを一番知っているのは
親でも兄弟でもなくあなたです

それと同じ位に
生身の私を知って貰うことができない矛盾

何か意味はあるのだろうかと思いながら
先の分からない未来を見てます
 

辿り着くかどうかも
あるのかどうかも分からない未来

あなたと結ばれることを
望んではいけない未来…




   
TITLE:凍えそうな夜


 

読んで頂きありがとうございます。
お手数ですが下のバナーをクリックして頂けたら光栄です。

 人気ブログランキングへ  

    
ブログランキング・にほんブログ村へ

拍手[0回]

変わらぬ朝陽のように…



鈍く活動する
私の脳の予想に反し

暖かく眩しい朝陽が

窓の隙間から差し込んだことが

とても嬉しかった



新しい一年が始まったことが

思った以上に嬉しかった


私を支えてくれたあなたと

まだ同じ時間を共有して

前へ進んで行きたいから


ありきたりなおめでとうも

こそばゆくて嬉しかった


A Happy New Year !


今年も私を見守ってください

変わらぬ朝陽のように…

私もあなたを見守っていくから




TITLE:変わらぬ温かな光

読んで頂きありがとうございます。
お手数ですが下のバナーをクリックして頂けたら光栄です。

 人気ブログランキングへ  

    
ブログランキング・にほんブログ村へ

拍手[0回]

海底から僅かだけ顔を出す巨岩


「もしもこの隠れ家が 、現実社会の私に係わり合いのある人に知れたら
雫は時々、ふとそんなことを思う。

そうなれば多分、雫に関わる人たちに迷惑を掛けることは間違いない。
その人たちの生活のリスクになったりするかも知れない。
例えば、身内に精神的に少し普通じゃない人がいるという負い目をその人達に与えると言う意味合いで。)
雫がこのようなメンタル面の変わった人だと知れれば、現実で雫接している人達がトバッチリを食らいかねない。
それほど現実社会の雫と、秘密基地の雫が抱えるギャップは生き辛さを生んでいるのだ。
現実社会の雫はそれほど普通の人だということでもあるのだ。

雫の人生の詳細を知っている人やプライベートを知ってる人は、出来はどうあれ雫が絵を描いたり詩を書くことくらいは、想像の範囲で察しているだろう。
ところが、今の生活に於いて地域生活や仕事関係だけで関わっている人はそうではない。
雫のことを、特に取り立てて特徴もなければ才もない、絵に描いたような平凡な一女性と思っているようだ。
見た目の派手さもなければ、性格的な害もないから余計にそうなのだろう。

仕事場ではみな我先に得意気に自分をアピールする。
人生で積み上げてきたものを密かに優越感を持って披露する。
しかし雫はそういうことをしない。
しないと言うか、雫にはできない。

そう言う話題で盛り上がる空気に分け入る事壊す事できないのだ
雫が大人しくいることでその場は円く治まっていて、もしも雫が「知ってる」とか「できる」とか言ったものなら、そこにいる誰かがその人生で積み上げた経験とプライドは壊れるに違いない。雫は簡単に人を傷付けかねない、そんな事態が生じる。
雫はそのことが恐くて言えないのだ。

こう言うと、雫が自意識過剰だとか人を見下げているとか思う人もいるだろう。
しかし決してそうではなく、『できる』に対する基準が雫と世間では違うことに起因している。
以前はそのことに気付かずに口を滑らせて、他者に無意味な屈辱を味あわせ人間関係を歪めたり、不信感を与えたりすることも多々あった。
雫はそのことを認識するようになったからこそ、必要以上に何も言えなくなってしまったのだった。

そんな雫の周りには、「この娘はまともに料理すらできないのではないか」と心配して、親身になって雫に人生を説いてくれる人さえいる。
抜きん出て聡明と思しき人でさえ、本当の雫には気付きはしない。
あまりにシャクなので、たまらずぽろっと口を滑らせたりしてみるのだけれど、雫の器用さや博識は何故か全く信じてもらえない。
「君でもそんなことを知っていたか」と一蹴される。

世間の人の目に映る雫はどれだけ無知で無能で平凡で苦労知らずで幸せ者なのか。
(雫は周囲からよくそういう風な意味合いの事を言われる。)
極端な言い方をすれば現実の雫は『幸せなバカさん』ということになっているのであろう。
それで迷惑をかけているわけではないし、年上が多いから寧ろ逆に可愛がられていたりする。
それは偽りの副産物ではあるが。

現実社会で雫が接している人たちよりブログ上での雫の情報に接している人たちの方が、明らかに素の雫そのものに接しているように思う。
こちらの雫は現実の雫とは全く違う。
ギャップがあり過ぎて、これがばれたら今の仕事場ではきっと雫に対しての見方が変わるであろう。
『いけ好かない鼻に付く女』扱いされるか、住む世界が違う変人扱いされるに違いない。

それくらい、雫の周りの人たちはとても普通の人たちなのだ。
この秘密基地を訪れる人達は、そんな人ばかりの環境或いは集合体があるのだろうかと疑問を抱くかもしれないが、世間一般の現実は意外にもそのような人間環境が多い。
だからこそ、素のままでその世界に生きられない雫にはこの場所が必要だった。
この場所があってよかったと雫はしみじみと思い、縮んだ心を広げている。

本来なら秘密基地の雫も堂々と胸を張って生きなければならないのに、受け入れられない現実世界。
矛盾しているようだが、最終的には雫が現実世界に生きる自分を受け入れるための、そして受け入れた雫が現実世界を生きていくための、此処は大切なリハビリ施設のような場所なのである。




TITLE:青の中に浮かぶ


読んで頂きありがとうございます。
お手数ですが下のバナーをクリックして頂けたら光栄です。

 
人気ブログランキングへ  

    
ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

 

拍手[0回]

   
Copyright ©  -- RETREAT~星屑と月の雫 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by The Heart of Eternity / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]